【厳選】無料の動画編集ソフト3選【初心者〜中級者を目指す人向け】

2019/11/16(更新:2020/1/31)

Youtubeの人気や、5Gの流れもあり動画編集の需要がとても高まっていますが、それと同時に動画編集ソフトも数多く存在しています。[無料 動画編集ソフト]で検索すると分かりますが、とてもたくさん出てきます…。

 

今回は「これから動画編集をはじめたい」「将来は動画編集で稼ぎたい」「無料のソフトでクオリティの高い動画を作りたい」そう言った方向けの内容となります。

 

それ以外の方には向かない記事となっていますのでご了承ください。m(__)m

 

パソコンは「Windows」「Mac」どちらを使用していてもOKです。とにかく実用的な動画編集ソフトを厳選しました。

 

3分くらいで読み終わるかと思います。それでは見ていきましょう。


  本記事の内容

・ 【厳選】無料で使える動画編集ソフト3選

・ 動画制作で「稼ぎやすい動画編集ソフト」とは




この記事を書いている私は、デザイナー歴4年になります。

現在はフリーランスのグラフィックデザイナーとして活動していて、同時に動画制作の仕事もたくさんしています。

 

駅やお店で使用するデジタルサイネージや、企業の紹介動画。Web上で使用する動画の制作などをしています。過去にはテレビカメラマンの経験もあるため、一般的なグラフィックデザイナーより動画制作に関する知識や経験は豊富ですので、記事への信頼性担保に繋がるかと思います。

 

 

【厳選】無料で使える動画編集ソフト3選

結論として、つぎの通りです。

 

様々な無料の動画編集ソフトを使用してみましたが、「扱いやすさ」「編集機能」「ネットで情報収集のしやすさ」これらを考慮した結果、この3種類となりました。

 

世の中にはこの他にもたくさんの無料動画編集ソフトが存在していますが、結局のところ「操作方法が分かりにくい」「使用できる編集機能が少なすぎる」「ウイルスが心配…」など問題がとても多いので、現実的に動画編集の作業がしやすく、クオリティの高い動画を作れるソフトだけを厳選した結果このようになりました。

 

 

AviUtl (Windows専用)

この無料動画編集ソフトは無料でダウンロードできるソフトの中では知名度が高く、評価も非常に高い動画編集ソフトです。

 

無料でありながら、しっかりと作り込めばプロ並みの動画編集が可能な無料動画編集ソフトです。

 

しかし、2013年に開発が止まっているため編集画面がとても古臭い仕様となっています。それとこれから動画編集をゼロからはじめる初心者の方にとっては、操作に慣れるまでに少し苦戦するかと思います。

 

昔からあるとても有名な無料動画編集ソフトなので、ネットで調べればダウンロードや設定方法、操作方法、動画書き出し方法など情報が手に入りやすいので助かります。

 

✔︎ メリット

・高度な動画編集が可能

・動作が軽い

・愛用者が多いため、困っても情報が手に入りやすい

 

✔︎ デメリット

・操作を覚えるまでには多少の勉強が必要

・ダウンロードに手間がかかる

 

✔︎ まとめ

・パソコンはWindowsを使っている

・これから動画編集をしっかりと覚えたい

・将来は動画編集で稼ぎたい

・クオリティの高い動画を作りたい

これらに該当する方は間違いなくこの「AviUtl」をおすすめします。

 

AviUtlを無料ダウンロードする方はこちらからどうぞ

>> AviUtl無料ダウンロード

 

 

 

iMovie (Mac専用)

この無料動画編集ソフトは、Macを購入したら基本的にはじめから入っています。普段パソコンはMacを使用していて、これから動画編集をはじめてみようかと思っている方は、ぜひ今からiMovieを開いて動画編集をはじめましょう。

 

初心者にとても優しいシンプルな使い方の動画編集ソフトなので、全く知識がない方でも抵抗なく動画編集を行えます。

 

こちらも知名度が非常に高いので、iMovieについてネットで調べればすぐに情報が出てきます。

 

シンプルな動画編集というだけあって、編集機能としては物足りなさが非常に目立ちます。中級者以上になってくると残念ながら使い物にならない動画編集ソフトです。初心者の入門ソフトとして役立つというところでしょう。

 

✔︎ メリット

・直感的でとても簡単操作で動画編集が可能

・愛用者が多いため、困っても情報が手に入りやすい

・Mac標準装備なので動画編集が即できる

 

✔︎ デメリット

・高度な動画編集はできない


✔︎
まとめ

・パソコンはMacを使っている

・これから動画編集をやってみたい

・クオリティの高い動画制作は求めていない

これらに該当する方はこの「iMovie」をおすすめします。

 

基本的にMac標準装備ですが、もしパソコンにiMovieが入っていない場合にはこちらからダウンロードしてください。

>> iMovie無料ダウンロード

 

 

 

Lightworks (Windows、Mac両方対応)

この無料動画編集ソフトは、「Windows」「Mac」どちらでも使用可能な動画編集ソフトです。こちらも知名度が高いので、ネットで使用方法などを調べればすぐに情報を集めることができます。

 

この動画編集ソフトは、フリーライセンス(無料)プロライセンス(有料)の2つがあります。まずは無料のものをダウンロードして使えば良いです。プロ仕様で開発されているソフトになりますので、フリーライセンス(無料)の方でもクオリティの高い動画を作ることは可能です。

 

アメリカの会社が開発した動画編集ソフトになりますので、日本語化されていない部分も多く、扱いづらい部分が多々あるのが難点です。

 

✔︎ メリット

・高度な動画編集が可能

・動作が軽い

・愛用者が多いため、困っても情報が手に入りやすい

 

✔︎ デメリット

・操作を覚えるまでには多少の勉強が必要

・英語表記が多いため扱いにくい

・ダウンロードに手間がかかる


✔︎
まとめ

・パソコンはWindowsまたはMacを使っている

・これから動画編集をしっかりと覚えたい

・将来は動画編集で稼ぎたい

・クオリティの高い動画を作りたい

・プロ仕様の動画編集ソフトを無料で使いたい

これらに該当する方は「Lightworks」をおすすめします。

 

Lightworksを無料ダウンロードする方はこちらからどうぞ

>> Lightworks無料ダウンロード

 

 

 

  よくある疑問:

この3種類の無料動画編集ソフトのうち、結局どれを使えばいいの?

このような疑問があると思います。

 

私が過去にいろいろな動画編集ソフトを使用してみた経験から考えて、おすすめをさせていただくとつぎのようになります。

 

 

✔︎ Windowsを使用している方へのおすすめ

AviUtl (Windows専用)

 

これから動画編集をしっかりと覚えたい」と考えていてパソコンはWindowsを使っているのであれば「AviUtl」一択になると思います。

 

私は一番はじめはこの無料動画編集ソフトを使用していましたが、無料でこれだけ様々な編集機能を備えた動画編集ソフトは他にありませんでした。クオリティを求めて無料で動画を作りたいのであればAviUtlで決まりだと思います。

 

初心者の方は、最初は操作に手こずると思いますが、本気で動画編集に取り組みたいと考えているのであれば、最初だけ勉強を頑張って動画編集を覚えましょう。

 

 

 

✔︎ Macを使用している方におすすめ

iMovie (Mac専用)

 

やはりMacに標準装備されている手軽さがとてもGOODです。そしてこれから動画編集をはじめたいと考えているのであれば、まずiMovieを使って動画制作のイメージを掴んでみるのがおすすめです。

 

しかし、「クオリティの高い動画を作りたい」「将来は動画で稼ぎたい」と考えているのであればLightworksを使用するか、もしくはiMovieを少し使ってみて、そのあとは有料版の動画編集ソフトに進んで良いと思います。

 

 

まずは無料の動画編集ソフトを使ってみて、動画制作を覚えていこうと考えている方におすすめの、動画編集スキルを上げられる本を紹介した記事もありますので、しっかり勉強したいと言う方はぜひそちらもチェックしてみてください。

>>【初心者必見】未経験でも動画編集のスキルをマスターできる本7冊!

 

 

 

動画制作で「稼ぎやすい動画編集ソフト」とは

結論として、有料の動画編集ソフトがおすすめです。

 

なぜかというと、「安全性」「扱いやすさ」「編集機能」「クオリティ」どれをとっても有料動画編集ソフトの方が明らかに優秀だからです。

 

体験談:私が無料の動画編集ソフトで失敗した話

具体的な話をすると、6年前に私は無料の動画編集ソフト(AviUtl)をはじめてダウンロードし、ゼロから独学で動画編集をはじめました。最初は操作などを覚えるのが大変でしたが、1ヶ月もすれば動画を作ることがでるようになりました。今思えばクオリティはかなり低いですが…。

 

その後、しっかりと仕事として動画編集を行う機会がありましたので、「Adobe Premiere Pro」という有料の動画編集ソフトを購入して使いはじめました。

 

完全にプロ仕様の動画編集ソフトですので、初心者にとっては最初は操作に苦戦しますが、真面目に勉強すればすぐに慣れます。その時にとても驚いたのは「編集作業の時間短縮」「さまざまな編集機能」「動画の完成度」これらが確実に無料の動画編集ソフトと比べて上回っていました。

 

無料の動画編集ソフトは、結局は「無料で提供されている動画編集ソフト」でしかないということです。

 

私の考えでは、これから動画編集を仕事にしたり、動画編集で稼ぎたいと思っている方は「さっさと有料の動画編集ソフトで動画を作れるようになった方が近道」だと思っています。

 

もちろんやすい買い物ではないですが、何十万円もする高級品と言う訳でもありませんし、ある程度の動画制作のスキルを身につけてしまえば、購入した際のお金はすぐに回収できてしまのが現実です。

 

現在はYoutubeに動画を上げる人がとても多く増えてきていますので、そういった方から「動画編集の代行」という形で仕事を受けることも可能です。このような仕事を受けた場合の単価はつぎの通りです。

 

✔︎ Youtube動画の編集代行作業の単価

1本の動画編集:3,000円 〜 5,000円

 

これは、初心者の方が動画編集の依頼を受けた場合の金額です。

 

この金額を見てわかるように、3〜4本ぐらい動画編集の仕事をこなせば有料の動画編集ソフトを購入した初期投資費用は速攻で回収できてしまいます。

 

さらに、その後動画編集の仕事を受け続ければどんどん稼げてしまいます。世の中では動画に対する需要も非常に高まっていますので、非常に有意義な自己投資ではないでしょうか。

 

私がおすすめする動画編集スキルを身につけていく流れとしてはつぎの2パターンです。

 

✔︎ パターン①

・まずは無料の動画編集ソフトを使って動画制作に挑戦してみる

・自分が動画編集を「楽しい」「稼ぎにつなげたい」と思う意思を確認

・有料動画編集ソフトを選び、その「無料体験版ソフト」を使ってみる

・無料体験版ソフトを試してみて、これなら扱えそうと確信する

・有料の動画編集ソフトを購入

 

✔︎ パターン②

・有料の動画編集ソフトを選ぶ

・無料体験版ソフトをダウンロードして試す(ここでいきなり購入してもOK)

・有料の動画編集ソフトにて動画制作をする

 

この2パターンをおすすめしていて、慎重に考えていきたいという方はパターン①で良いと思います。もし、すでに将来動画編集で稼ぎたいと考えている方はパターン②を断然おすすめします。その方が確実に早く稼げるからです。

 

おすすめの有料の動画編集ソフトが知りたいという方はこちらもチェックしてみてください。もちろん無料体験版もダウンロードできますので、とりあえず無料体験版を試してみることもアリだと思います。

>>【無料あり】未経験の初心者にもおすすめ動画編集ソフト【厳選6種】

 

 

今回はこれで以上となります。

 

動画編集を仕事として活躍している人はとてもたくさんいます。もちろんフリーで働いたり、副業で稼いでいる方も大勢います。

 

そういった方達が全員口を揃えて言うのが、「とにかく今すぐはじめること」です。とにかく挑戦してみることで道が開かれます。最初は難しそうと感じているかもしれませんが、やる気があれば速攻で上達できます。これは断言できます。

 

動画編集は何より「楽しい」ものですので、興味ある方はぜひ挑戦してみてください。